Relaxの雑記

Relax的雑記集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突然ですが、電子マネーって、使ってます?



Edyが使えない。 大西宏のマーケティング・エッセンス より
携帯でEdyを使えるようにしたのですが、実際使おうとすると使える店のあまりの少なさに愕然。電子マネーって日常的な最寄の買い物には便利なはずですが使える店が少なすぎるのです。
近くのローソンはドコモのiDでしか使えません。Edyが使える店を行動範囲の住所で検索したら、東京で2480店、大阪で1102店ですが、より生活圏に近い「吹田市」では、なんと28店しかなく、また東京の「中央区」でも127店しかありません、使える店が疎らに点在しているにすぎないかがわかります。




なるほど、と妙に納得。
近所でも、コンビニでEdyやSuicaが使える程度。
私もAnaのマイルが貯まるという理由だけでEdyを持っています。が、日常生活で使うチャンスはそう多くないです。



こんな私ですが、ある時期だけは、電子マネーを普通に使っていたことがあります。
それは、ある外国に出張していた時期。
人口が約685万人に対して、実に約1,200万枚もの非接触ICカードが発行されているその場所でした。



その場所とは、香港です。



香港へ行かれたことがある方であれば、恐らくご存じの『八達通』(Octopus)カード。
鉄道や路面電車、バスなどの公共交通機関はもちろんのこと、駅の構内などのお店でも当然のように使えます。
また、自動販売機やファーストフード店、コンビニやドラッグストアなどでも使えるため、1枚持っていると、
小銭いらずで非常に便利でした。



実際の生活では、小銭が発生する細かい買い物でOctopusカードを使い、お札を使うような買い物は
現金かクレジットカードを使う感じでしたね。



Octopusカードは、SONYのFelica技術
使われていて、FeliCa技術が初めて採用されたのがこのOctopasカードだったようです。 日本のSuicaもFelica技術
が使われていますね。



そういえば、少し前にNHKのプロジェクトXで、取り上げられてましたね。
プロジェクトX 挑戦者たち〈30〉地上の星たちよ永遠に
に収録されている 「執念のICカード 16年目の逆転劇」にSuicaを巡るSONYとJR東日本の描写があったように記憶しています。





2007年3月に、地下鉄や私鉄の磁気カード、パスネットとバス共通カードがICカードで統合され、「PASMO」となり、Suicaとの相互利用が可能となるようです。
公共交通機関が共通のカードで利用できることで、今までよりは電子マネーを使う機会が増えそうですね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://relax0.blog93.fc2.com/tb.php/21-aae3f5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。