Relaxの雑記

Relax的雑記集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたが物を買うときに、誰が発信する情報を信じますか?



例えば、誰かからサービスを受けたり、物を買うときに、何の情報をヒントにしていますか?


一昔前は、私たちは企業から発信される情報しか持ち合わせていませんでした。
広告とか、チラシとか、パンフレットを集めたり、量販店で似たような商品を比べてみたりするくらいでした。


しかし、最近はどうでしょうか。少しばかり様子が違うようです。
気になる商品やサービスが発表されると、ネットを使います。
価格コムのような比較サイトや、Blogなどから情報が簡単に集めれられるようになりました。


これらの情報は、ほとんど、個人=ユーザーが発信する情報です。
この情報発信者の変化こそが、実は素晴らしい変化なんです。


今でも企業は、多くの商材に色々な装飾を施してアピールしようとします。一昔前と同じように。
そして、個人が比較サイトやBlogによって発信する情報は、この装飾を綺麗に剥がしてくれます。
その商材の使いやすさとか、良いところ悪いところなんていうのは、もう一目瞭然です。



一昔前と今の違うところはここなんですよ。
物の買い方、購買の方法が劇的に変わってきているんです。



だから、このアンケートは当たっているんです。
ブログを仕事に役立つ情報源として参考にしますか? CNet Japan記事より

ネットを利用した市場調査会社のメタフェイズはこのほど、「企業によるブログ広告やブログマーケティングについての調査」の結果を発表した。  今回の調査は、ブログマーケティングの有効性と口コミ効果について調査したもので、「ブログから仕事に役立つ情報を得たことがある」と答えた回答者は20.0%だったのに対し、43.0%が「ない」と回答している。 また、「役立つ情報を得たことがある」と答えた回答者に、ブログからの情報を誰かに紹介したことがあるかについて質問したところ、66.2%が「紹介したことがない」と答えた。



もはや、企業側の一方的な情報だけで、商材が売れる時代は終わってしまったのです。
消費者が、クォリティの高い商品、良いサービスが、自然と浮き上がってくる仕組みを持ったことによって。
これは良いことだと思うけどね。


スポンサーサイト


突然ですが、電子マネーって、使ってます?



Edyが使えない。 大西宏のマーケティング・エッセンス より
携帯でEdyを使えるようにしたのですが、実際使おうとすると使える店のあまりの少なさに愕然。電子マネーって日常的な最寄の買い物には便利なはずですが使える店が少なすぎるのです。
近くのローソンはドコモのiDでしか使えません。Edyが使える店を行動範囲の住所で検索したら、東京で2480店、大阪で1102店ですが、より生活圏に近い「吹田市」では、なんと28店しかなく、また東京の「中央区」でも127店しかありません、使える店が疎らに点在しているにすぎないかがわかります。




なるほど、と妙に納得。
近所でも、コンビニでEdyやSuicaが使える程度。
私もAnaのマイルが貯まるという理由だけでEdyを持っています。が、日常生活で使うチャンスはそう多くないです。



こんな私ですが、ある時期だけは、電子マネーを普通に使っていたことがあります。
それは、ある外国に出張していた時期。
人口が約685万人に対して、実に約1,200万枚もの非接触ICカードが発行されているその場所でした。



その場所とは、香港です。



香港へ行かれたことがある方であれば、恐らくご存じの『八達通』(Octopus)カード。
鉄道や路面電車、バスなどの公共交通機関はもちろんのこと、駅の構内などのお店でも当然のように使えます。
また、自動販売機やファーストフード店、コンビニやドラッグストアなどでも使えるため、1枚持っていると、
小銭いらずで非常に便利でした。



実際の生活では、小銭が発生する細かい買い物でOctopusカードを使い、お札を使うような買い物は
現金かクレジットカードを使う感じでしたね。



Octopusカードは、SONYのFelica技術
使われていて、FeliCa技術が初めて採用されたのがこのOctopasカードだったようです。 日本のSuicaもFelica技術
が使われていますね。



そういえば、少し前にNHKのプロジェクトXで、取り上げられてましたね。
プロジェクトX 挑戦者たち〈30〉地上の星たちよ永遠に
に収録されている 「執念のICカード 16年目の逆転劇」にSuicaを巡るSONYとJR東日本の描写があったように記憶しています。





2007年3月に、地下鉄や私鉄の磁気カード、パスネットとバス共通カードがICカードで統合され、「PASMO」となり、Suicaとの相互利用が可能となるようです。
公共交通機関が共通のカードで利用できることで、今までよりは電子マネーを使う機会が増えそうですね。



この話、アマゾンが問題ではないと思う。


ロングテール提唱者のアンダーソン氏、アマゾンの問題点を指摘 CNET Japan 記事より 



彼の語る、ロングテールの法則の要点はこうだ。



ロングテールで重要なことは、十分な品揃えがあるかどうか(Availability)、そして欲しい商品をうまく見つけられるようになっているか(Findability)という点だ」と述べた。

分解すれば、


 (1)十分な品揃えがあること


 (2)欲しい商品を上手く見つけられるようになっていること


となる。





このうち、アマゾンなどに代表されるWEBショップにおいて、(1)の品揃えについては、まず、十分な数が用意されていると言えるはずだ。


アンダーソン氏は、(2)の問題点として、アマゾンを引き合いに出して語っている。





Anderson氏はもう一冊たまたま見つけた「The Long, Long Tail」という書籍のページを取り上げた。そこには、表紙の画像もなければ、ページ数やレビューも何もない。「オンラインでは実店舗と違い、実物を確認できないというのに、表紙の写真がなくては正しい本かどうかもわからないし、何ページある本なのかもわからない。これでは販売に結びつかないだろう」とAnderson氏。
つまり、AmazonはAvailabilityを満たしているものの、Findabilityに問題があるというわけだ。


ここで1つ、疑問が沸いてきた。それは何か?



氏は、アマゾンがロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略を用いる際には、満遍なく商品に、何らかの商品説明やストーリーを付けなければ売れない。と語っている点だ。



確かに販売しやすくなるだろう、と言う点は理解できるのだが、その行為が利益に結びつくのか?という点に疑問があるのだ。


アマゾンの扱う商品点数は、数千万タイトルに及ぶと言われる。
この中から、最末端のテール部分にある商品に、何らかの説明を付けていく作業を見積もれば、とんでもないコストがはじき出されるだろう。


仮に行うにせよ、テール部分においてでさえ、ヘッドに近いテールか、それとも最末端に近いテールかを分解してコスト投下する考え方は必要だ。


アマゾンで言えば書評などに当たるが、多くのWEBショップが優れている点は、消費者が商品の解説を付けられる仕組みを持っていることにある。


商品に魅力があれば、何らかのコメントとなって帰ってくる仕組みがあるわけだ。


本当に売りたければ、極端な話、生産者、メーカーが販促用のコメントを付けても良いはず。


この仕組みから洩れた最末端のテール商品をケアせずとも、WEB2.0によって、これまで日の当たらなかったテール商品の販売活性には確実に繋がっていると思うのだが、いかがだろうか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。