Relaxの雑記

Relax的雑記集

■ビジネス全般を中心に[コミュニケーション、人間関係、マーケティング、WEB、ITなどから財務会計、金融庁の金融商品取引法(J-SOX)や会社法要請の内部統制まで幅広く。]書籍紹介や雑感まで、特に気になることを集めてます。

最新のエントリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3680社5750名の監査役により組織されている、日本監査役協会より、 内部統制システムに係る監査の実施基準(公開草案)が公表されました。

http://www.kansa.or.jp/news/index.html#news070316

財務報告内部統制の監査の項では、以下の項目を具体的に掲げています。
金融商品取引法における内部統制、いわゆるJ-SOX対応を進められている企業も参考になりそうです。
イ 売上・原価の実在性と期間配分の適切性、棚卸資産の実在性、各種引当金計上の妥当性、税効果会計の妥当性、減損会計の妥当性、ヘッジ会計の妥当性、オフバランス事項その他重要な会計処理の適正性
ロ 重要な会計方針の変更の妥当性
ハ 資本取引、経常的取引における重要な契約の妥当性
ニ 重要な資産の取得・処分等の妥当性
ホ 資金運用の妥当性(デリバティブ取引等を含む)
へ 財務報告に重要な影響を及ぼすIT全般統制・情報システムの整備状況
ト 会計基準や制度の改正等への対応
チ 剰余金処分に関する方針の妥当性
リ 連結の範囲及び持分法適用会社の範囲の妥当性
ヌ 連結決算に重要な影響を与える企業集団内の会社に関する、上記の各事項の適正な会計処理



スポンサーサイト
内部統制セミナー 3月開催のまとめ

直近で行われる内部統制関連のセミナーです。
IT系の内部統制セミナーが中心。
内部統制報告書の雛形でも出ると、セミナー自体が増えそうです。

2007年3月7日 大阪 内部統制構築支援ソリューションセミナー 日本電気株式会社
2007年3月13日 東京 内部統制のためのITサービスマネジメント-ISO20000とは- 日本経済新聞社
2007年3月14日 東京 内部統制ソリューションセミナー 三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社
2007年3月16日 大阪 製造業様向け 企業の内部統制対策を実現する生産管理セミナーのご案内 日本ユニシス株式会社
2007年3月19日 東京 内部統制におけるIT活用と評価」セミナー 株式会社日立情報システムズ
2007年3月28日 東京 待ったなし!内部統制のリスク対策 富士通株式会社



J-SOX、内部統制などの法整備や、上場廃止などの対応策で解決する問題ではないのかも知れない。


日興、上場廃止へ 不正決算問題で3証取asahi.com より
2007年03月03日06時24分
 東京、大阪、名古屋の3証券取引所は2日、不正な利益水増しで過去の決算を訂正した国内3大証券のひとつ日興コーディアルグループの株式を、上場廃止する方向で最終調整に入った。前経営陣が利益水増しに関与し、水増し額も多額なため「悪質性が高く上場廃止基準に触れる」と判断している模様だ。東証は3月中旬に正式決定し、4月中旬に廃止する見通し。日興は廃止も視野に米金融大手シティグループの傘下入りなどを検討しており、近く提携戦略を固めるとみられる。


企業ブランドなんて、不祥事一発で消し飛んでしまう時代を迎えている。

これは企業に限らないが、今の時代は複雑系の時代と呼ばれる。


複雑系としての社会システム 永井俊哉ドットコムより

複雑系とは、「複雑系の時代」で定義したように、複雑な(不確定な)環境に晒されつつ、その複雑性(不確定性)を縮減することを通して、自己自身を複雑にする系(システム)である。

複雑系には、自己準拠型システムと他者準拠型システムの二種類がある。他者準拠型システムは、他のシステムの選択結果(アウトプット)を変数(インプット)として含む関数で、この関係が相互的である場合、そのシステムは複雑系になる場合が多い。


企業のあり方が極めて複雑系の状態にあると、その企業の将来を予測することが不可能になってくる。
それは、経営者、社員、ステークホルダー、取引先などの置かれている環境や行動、意志決定など様々な多数の因子または未知の因子との相互関係が、結果の予測を困難にするためだ。


今の時代、企業の信用とは、ガラスの塔の様なモノだ。


これからも、不祥事で多くの企業が淘汰されていくだろうが、その対応策が与える結果の未来は、誰にも予測できない。



内部統制 関連情報のまとめ


実施基準も確定したことですし、参考になりそうな内部統制の関連情報をまとめてみました。


■全体概要

□内部統制 (あずさ監査法人)
 http://www.azsa.or.jp/b_info/keyword/tousei.html

□内部統制 (@IT情報マネジメント用語事典)
 http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/internalcontrol.html


■国内内部統制関連

 □企業会計審議会
  http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kigyou/top.html
  
 □公認会計士協会
  http://www.jicpa.or.jp/

 □CPAAOB:公認会計士・監査審査会(PCAOBの日本版)
  http://www.fsa.go.jp/cpaaob/


■金融商品取引法(J-SOX)の内部統制

 □金融庁
・金融商品取引法
  証券取引法等の一部を改正する法律 金融庁より
  http://www.fsa.go.jp/houan/162/hou162.html

 ・企業会計審議会 内部統制部会 議事録
  http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kigyou/top_gijiroku.html#naibu

 ・実施基準[財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準並びに財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準の設定について]
  http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kigyou/siryou/soukai/200/70215/01.pdf (pdf)


 □経済産業省「システム管理基準 追補版(財務報告に係るIT統制ガイダンス)(案)」(経済産業書管轄 IT統制指針 COBIT for SOXの日本版の位置づけ?)
  http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1030&btnDownload=yes&hdnSeqno=0000018191


 □「内部統制報告書」のひな型、3月末に内閣府令で明らかに
  http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070131/260255/


■会社法の内部統制

 □会社法
  http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO086.html
 
 □会社法における内部統制システム(大和総研レポート)
  http://www.dir.co.jp/consulting/report/strategy/06051701strategy.html


■米国SOX法(US-SOX)関連

□Sarbanes-Oxley Act(Wikipedia 英語)
http://en.wikipedia.org/wiki/Sarbanes-Oxley_Act

□上場企業会計改革および投資家保護法 US-SOX(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%A0%B4%E4%BC%81%E6%A5%AD%E4%BC%9A%E8%A8%88%E6%94%B9%E9%9D%A9%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E6%8A%95%E8%B3%87%E5%AE%B6%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E6%B3%95

□COSO(the Committee of Sponsoring Organization of the Treadway Commission:トレッドウェイ委員会組織委員会)
  http://www.coso.org/
 
 ・COSOフレームワーク(内部統制フレームワーク)
  COSOフレームワークの解説 Deloitte キーワード
  http://www.er.tohmatsu.co.jp/keyword/html/key013.shtml
 
 ・COSO ERM(COSO Enterprise Risk Management-Integrated Framework)
  COSO ERMの解説 KPMG ビジネスキーワード
  http://www.kpmg.or.jp/resources/keywords/coso_erm.html

□PCAOB:Public Company Accounting Oversight Board (公開会社会計監視委員会)
  http://www.pcaobus.org/index.aspx

 ・PCAOBの解説 KPMGビジネスキーワード
  http://www.kpmg.or.jp/resources/keywords/pcaob.html

 ・PCAOB Auditing Standard No. 2(英語/pdf) 近く改訂予定
  http://www.pcaobus.org/Rules/Rules_of_the_Board/Auditing_Standard_2.pdf

□COBIT:Control Objectives for Information and related Technology (企業等、組織におけるITガバナンスの指針)
 ・COBIT for SOX 2nd Edition 英語版(ISACAより)
  http://www.isaca.org/Template.cfm?Section=Home&CONTENTID=27507&TEMPLATE=/ContentManagement/ContentDisplay.cfm
  http://www.isaca.org/Template.cfm?Section=Home&Template=/ContentManagement/ContentDisplay.cfm&ContentFileID=12383 (pdf)
 
 ・COBIT for SOX 2nd Edition 日本語版 (日本ITガバナンス協会 Webより)
  http://www.itgi.jp/download.html
  http://www.isaca.org/Template.cfm?Section=Home&Template=/ContentManagement/ContentDisplay.cfm&ContentFileID=12383 (pdf)

□AICPA(米国公認会計士協会)
  http://www.aicpa.org/

□SAS70(受託業務にかかわる内部統制の監査人業務基準)
 ・Statement on Auditing Standards (SAS) No. 70(英語)
  http://www.sas70.com/index2.htm
 ・SAS70の解説 KPMG ビジネスキーワード
  http://www.kpmg.or.jp/resources/keywords/sas70.html

□SEC 証券取引等委員会 (U.S. Securities and Exchange Commission)
 http://www.sec.gov/


■関連情報

□内部統制動向・IT関連情報
  内部統制.jp
  http://itpro.nikkeibp.co.jp/tousei/
 
□新日本監査法人 内部統制サービスライン
  http://www.shinnihon.or.jp/service/ic/index.html

□あずさ監査法人 内部統制評価構築支援サービス
  http://www.azsa.or.jp/serviceline/ic.html

□監査法人トーマツ 内部統制の評価とコンプライアンス
  http://www.tohmatsu.co.jp/service/fig/fig06.shtml
 

□まとめサイト  
  内部統制のチェックリスト(横山会計事務所)
  http://www.hi-ho.ne.jp/yokoyama-a/naibutousei.htm

IT周りは控えめにしておきました。気が向いたら、IT統制周りのまとめも作ります。







自分の学生の頃、思い出したよ。



社会人になんかなりたくない。 はてな匿名ダイアリー より

一日の始まりにその日の予定を立てる。朝から光が眩しかったから外へ行くことに決めてとりあえず電車に乗る。電車の中で文庫本を一冊読み終え、何かの縁だと思ってそこで降りる。少し温んできた空気のなかをぼんやり歩く。お寺があったので入ってみる。古びた木の建物の、かかる緑のかげが奇麗で涙が出る。そんな一日がずっと続くと思っていた。

もうさよならだ。

社会人になんかなりたくない。



あなたの気持ち、よーく分かる。
そんで、どうしても嫌なら、社会人にならないって手もある。
けど、きっと、あなたは社会人になるんだよね。


あなたは、社会ですげー役に立つ武器を、最低2つは持っている。
1つは自分の頭で考えて、行動できる力。
もう1つは、時間管理。


ぶっちゃけ、この2つがあれば、仕事なんて何とでもなる。
きっとあなたは、社会に出ても自分の時間をコントロールしていくだろう。
確かに、今、自由に出来ている日々の数は減るかもしれない。
けれども、そういう自由に出来ている日々の質を高め、社会人の経験とクロスさせて、さらに満喫していくことだろう。


だから、何も心配いらないよ。
社会人生活を、楽しんでくれ。



それだけの武器を持っているあなただ。
きっと、そのうち、仕事が楽しくなってしまうかもしれない。
もし、そうなったら、1つ覚えていて欲しい。


かかる緑のかげが奇麗で涙が出る。そんなあなたの、素敵な感受性を大切にして欲しい。


あなたの給料が努力や成果とあまり関係なく決る構造を図解 分裂勘違い君劇場で、賃金の決定要因が図入りで解説されています。
経済学音痴の僕でも、少し分かったような気がします。


記事では、こんなことが書かれていました。
たとえ一切の障壁がなく、完全な自由競争によって賃金が分配されたとしてさえ、賃金格差をどこまで正当化できるのか、かなり怪しく感じられます。
しかも、現実には、直接能力とどこまで関係するのか怪しい参入障壁の積み重ねで、人々の賃金のかなりの部分が決まっています。




うーん。なるほど。
そういえば最近日本でも、格差社会なんてキーワードをよく目にします。


少し前に、格差社会をテーマに書かれた、森永 卓郎氏の年収300万円時代を生き抜く経済学という本が流行りました。



では、300万円の年収は多いのでしょうか、それとも、少ないのでしょうか。
この答えは難しいので、年収300万円を、グローバル リッチリストなるサイトで、世界中の人々と給料の比較してみました。 300.jpg


9.44.jpg





すると、どうでしょう。
なんと、年収300万円は、世界中の給料の10%以内に入っています。
100万円の給料でも、リッチリストによれば世界中の給料の15%以内です。



ちなみに、お隣の国でBRICSの代表格の中国ではどうでしょう。
世界の工場と呼ばれるだけのことはあり、2006 年 都市・農村住民年収は、それぞれ 10.4 %・ 7.4 %増となったようです。

 
中国統計局発表によると 2006 年、都市住民 1 人当たりの平均年収が 1 万 1,759 人民元で、前年同期比 10.4 %増。また、農村住民 1 人当たりの平均年収が 3,587 人民元で、前年同期比 7.4 %増となった。2006 年末の住民預金高は 16 兆 1,587 億人民元、 2005 年末より 2 兆 544 億人民元の増加となった。


都市部の平均年収が1万 1,759 人民元。1元=15円で換算すると、年収は176,385円です。
この、176,385円は世界中の給料の24.31%です。



仮に、給料は1億円かも100万円かも知れません、その給料が知り合いの田中君や高橋さんと差があったりするかも知れません。
しかし、世界2位の経済力を誇る、その日本社会の平均的な生産性が高いことによる恩恵は確実に受けています。


そして、ひょっとすると、今の平均的な生産性の高さによる恩恵は、未来永劫享受できるものではないかも知れません。
【ホワイトカラーエグゼンプションに無策で抵抗しようとする、無邪気な僕ら。】のように、砂上の楼閣かも知れません。
この現実、皆さんはどう考えられるでしょうか。



参考:不幸と幸福の差は何か?というテーマもあります。

あなたが物を買うときに、誰が発信する情報を信じますか?



例えば、誰かからサービスを受けたり、物を買うときに、何の情報をヒントにしていますか?


一昔前は、私たちは企業から発信される情報しか持ち合わせていませんでした。
広告とか、チラシとか、パンフレットを集めたり、量販店で似たような商品を比べてみたりするくらいでした。


しかし、最近はどうでしょうか。少しばかり様子が違うようです。
気になる商品やサービスが発表されると、ネットを使います。
価格コムのような比較サイトや、Blogなどから情報が簡単に集めれられるようになりました。


これらの情報は、ほとんど、個人=ユーザーが発信する情報です。
この情報発信者の変化こそが、実は素晴らしい変化なんです。


今でも企業は、多くの商材に色々な装飾を施してアピールしようとします。一昔前と同じように。
そして、個人が比較サイトやBlogによって発信する情報は、この装飾を綺麗に剥がしてくれます。
その商材の使いやすさとか、良いところ悪いところなんていうのは、もう一目瞭然です。



一昔前と今の違うところはここなんですよ。
物の買い方、購買の方法が劇的に変わってきているんです。



だから、このアンケートは当たっているんです。
ブログを仕事に役立つ情報源として参考にしますか? CNet Japan記事より

ネットを利用した市場調査会社のメタフェイズはこのほど、「企業によるブログ広告やブログマーケティングについての調査」の結果を発表した。  今回の調査は、ブログマーケティングの有効性と口コミ効果について調査したもので、「ブログから仕事に役立つ情報を得たことがある」と答えた回答者は20.0%だったのに対し、43.0%が「ない」と回答している。 また、「役立つ情報を得たことがある」と答えた回答者に、ブログからの情報を誰かに紹介したことがあるかについて質問したところ、66.2%が「紹介したことがない」と答えた。



もはや、企業側の一方的な情報だけで、商材が売れる時代は終わってしまったのです。
消費者が、クォリティの高い商品、良いサービスが、自然と浮き上がってくる仕組みを持ったことによって。
これは良いことだと思うけどね。



国内の設備投資向上の切り札になるか。


税制改正要綱が閣議決定 企業向けに減価償却見直し 日経BpNet 記事より


政府は2007年1月19日、2007年度税制改正要綱を閣議決定した。今後、国会の審議を経て、法律が成立し次第、実施することになる。税制改正要綱は、企業に関する税制変更の柱として、減価償却制度の抜本的な見直しと中小企業関係の税制の整備を盛り込んでいる。いずれも経済の持続的な活性化と国際競争力の強化を実現するための措置だ。これらの減税措置によって恩恵を受ける企業は多く、企業のキャッシュフローが良くなることが予想される。




税制改正のポイントは幾つかあるが、約40年ぶりの大改正となる、減価償却制度の見直しは大きい改正の1つだ。
ポイントは大きく3つ



1.今後新規に取得する資産について、現行の法定耐用年数経過時点の「残存価額」を撤廃(10%→0%)し、法定耐用年数経過時点で全額(100%)まで償却可能な制度とする。(250%定率法の導入)
2.「償却可能限度額」(取得価額の95%)を撤廃する。
3.技術進歩が著しいIT分野の法定耐用年数を短縮する。・フラットパネルディスプレイ製造設備10年→5年に短縮・フラットパネル用フィルム材料製造設備10年→5年に短縮・半導体用フォトレジスト製造設備8年→5年に短縮※新規取得設備のみならず、既存設備についても5年に短縮。



定率法採用時の250%償却率、償却可能限度額の撤廃などは国際水準にようやく追いついてきた印象だ。
米国やドイツはもちろん、中国やタイなどでも既に加速償却は採用されている。
経済産業省試算では、設備投資約7,000億円、GDP約1兆円の増加を見込んでいるようだ。


この改正により、様々な企業が恩恵を受けるだろうが、最大の恩恵を受けるのは、やはり製造業。
日本のメーカーも、単に人件費だけを理由に東南アジアや東欧に生産拠点を移してきた訳ではない。
国内に製造拠点が回帰するきっかけになると良いが。



眼球の裏側がムズムズする時期ですわ。
どうやら巷では、今年は花粉が少なめとか言ってるみたいです。


平成19年春の花粉総飛散量等の予測(確定版)について(お知らせ) 環境省

地域別総飛散量は、北海道及び東北北部では平年並~平年の80%程度(以下同じ)、東北南部では50%程度、関東甲信越では20~30%程度、北陸及び東海では30~50%程度、近畿では40~70%程度、中国及び四国では60~90%程度、九州では平年並かやや少ないものと予測されます。



ほんとかよ。
顔面全体がかゆーい現実があったりすると、どこか遠い所のニュースのように聞こえてなりません。


この時期、外に出るのがおっくうになりがちです。
ただ、外出するのは好きなので、週末など、ずっと家に居るのもチョットつまらない。
花粉の野郎さえ何とかなれば。と、インドアで遊べそうな場所を探してたら、良さそうな記事を見つけました。


CNetJapanのこの記事にあった、
ブログで話題の観光スポットが地図で探せる おでかけマップ


今週末は、はなこさんを組み合わせで使って、出かけてみようかなんて思ってます。

※知り合いに、花粉ドリンクが効くよ!と言われて1本頂きました。早速飲んでみます。

信用商売の宿命か。


みすず監査法人は実質解体へ、3法人への業務移管を発表 日経net

大手監査法人のみすず監査法人(旧中央青山)は20日、今年7月をメドに監査業務を新日本、トーマツ、あずさの3監査法人に移管すると発表した。監査先企業の不正会計事件が相次ぎ、信用力が低下、監査法人として業務を継続することを事実上、断念した。今3月決算企業などの監査業務は従来通り実施し監査先への影響を抑えるが、企業側は来期以降の監査法人の変更など対応を迫られる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。